大人の関係を作らずにお小遣いを出してくれる愛人を、出会い系サイトで探せることがわかってウキウキしました。
ネットのシンママ友達は、出会い系サイトの中の募集でお金くれる人探しに成功したようです。
ハッピーメールとYYCとJメールという出会い系サイトを、すべて使ったようでした。
無料で利用ができるメリットがありますから、できるだけ複数を同時に使っていったほうが出会いの確率が高まるようです。
とても研究しているなって感心しました。
女は無料ということで、シングルマザーの私でも気軽に使うことができそうでした。
すっかり相手探しに成功してしまったような、そんな気持ちになってしまいました。
「そうそう、相手募集の時もちょっと注意が必要なんだ」
「注意って?」
「お金くれる愛人募集!とか投稿しちゃうと、アカウント停止になる」
「それは本当?」
「実はそれをやっちゃって、運営に慌てて問い合わせしてわかったの。金銭の書き込みしたから停止させられたみたい」
出会い系サイトは金銭のやりとりには、とてもナーバスになっているようでした。
書き込みをするだけで、使えなくなってしまうと言うのです。
「だからね投稿するとき『シングルマザーの生活を応援してくれる方と食事をしたい』という感じでやって行くの」
直接金銭に触れなければ、問題にはされないようです。

こうして投稿していけば、わかってくれるお金くれる人から連絡がくるようです。
募集の投稿方法まで教えてもらいました。
完璧に愛人の作り方がわかりましたから、登録して出会いを募集していくことにしました。

 

 お勧めしてくれた出会い系サイトに登録、プロフィールに肉体関係は求めていないこと、シングルマザーであることだとも書き込んで、そして掲示板にシングルマザーの生活を応援してくれる優しい紳士と食事がしたいと投稿してきました。
反応はすぐには現れないかもしれないから、じっくり探せと言われたので長期戦で出会いを探すつもりでした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
愛人募集の成功者に教わったサイト